激安で作成する名刺作成ってどんな感じ?

名刺作成もネットから簡単にできる時代になりました、必要事項やデザインを選ぶだけで当日発注が出来ますし納品もスピーディーです。しかも料金も激安でお店によっては一枚三円程度で作れる場合もあります。自宅のコピー機で印刷するよりもコストが安く、しかもプロが作るということもありミスがないのがメリットです。しかし激安の名刺は、質はいいのでしょうか。名刺はビジネスで利用するものですしあまりにも安物臭いものを渡すと先方に不安を抱かれてしまいます。名刺もその人を知るための重要なアイテムだからです。できるだけ経費を安くしたい、けれども先方からの信頼も得たいといという場合は、激安で名刺を作ってもいいのでしょうか。激安名刺の紙の質や印刷の質はどのようなものなのか解説します。

激安名刺で使われる用紙とはどのようなもの

激安名刺で使われる紙は一般用紙になります。白い色が特徴的で光沢が無いマットな質感です。名刺作成をした時に文字がにじむようなことはなく、はっきりと文字が浮くのも魅力です。上質なものとなると光沢のあるものや和紙など個性的なものになり、一般用紙はごく一般的で突出した特徴はありません。ただし特に貧乏くさいというイメージに見られることもありません。よくビジネス用名作成で使われる紙ですので、印象を持ってもらいたいという場合には適していませんが、お堅い職業の場合には適しています。最近では再生紙を使った名刺もありますが、こちらも激安名刺に使われることがあり、アイボリー色または白が選べ、こちらも一般用紙と同じような印象になります。激安でも貧乏くささはなく印象が悪くなる事はまずありません。

文字やデザインはどのようなもの

激安名刺作成をした場合デザインはどうなるのでしょうか。一般的に表面だけの印刷になります。表には指名と肩書、電話番号や会社の住所やメールアドレスなど必要最低限の情報は入れられるようになっています。カラーは黒一色になります。高級なものになれば箔押しや沢山の色を使った印刷が可能です。余計なものがありませんのでシンプルで見やすくビジネス目的で使うには十分なデザインです。裏面など余白が多くなり、補足することがあれば後で書き足しができるのも魅力です。横書きも縦書きもできますのでその業種にあったデザインやレイアウトが可能で、実は結構自由度は高くなります。それぞれの印刷業者によりテンプレートに違いがありますが、どちらもシンプルなのでそれほど差異が無いのも激安印刷の特徴です。