リーズナブルにできるいまどきの名刺作成

名刺作成は自分の顔の代わりになるような重要な物なのでデザインや髪質などにこだわりたいものですが、やはりこだわると費用も高くなってしまいます。たくさん消費する物なので、なるべく費用は抑えたいものです。名刺の質は落とさず費用を抑える為には、工夫が必要になってきます。フォントやレイアウト、ロゴマーク、イラストなどのデザインを専門業者やイラストレーターに頼む場合はデザイン料が必要になります。デザインに自信がある場合は手間がかかりますが、パソコンで行えばデザイン料は無料になります。他には、デザインの得意な友人などに安く頼むという手もあります。他にも名刺を増刷する度に費用がかかる印刷業者は、なるべく安くて質の良いものを作ってくれる所を選ぶようにしましょう。

ネット印刷で名刺作成し費用節約

店舗を構えていないネット印刷では、費用を安く抑える事が出来ます。受付業務にかかるコストや店舗維持の為にかかる費用が抑えられているので、印刷の質を落とさずに安く仕上げる事が出来ます。ネット印刷で注意が必要なのは、パソコンで確認した時の色と実物との色の違いです。パソコンで表示される色の構成と印刷の時に使われるインクの構成が違うことで、表示される色が異なって見えてしまいます。パソコンではRGBという光の3原色、印刷ではCMYKという4種類インクを使っている為、印刷データを入稿する時にカラー設定をRGBモードではなくCMYKモードにして色の確認をする必要があります。またフルカラー印刷で黒を使用する時にも注意が必要で、普通の黒では透けてしまうことがあるので色の濃い黒を指定するようにしましょう。

自作で名刺作成し費用節約する方法

凝ったデザインや特殊な素材の名刺は難しいですが、プリンターとパソコンさえあれば自作で名刺を作ることが出来ます。最近では名刺を作るための用紙も販売されているので、手軽に取り組む事が出来ます。名刺のデザインも専用ソフトやアプリを使えばテンプレートなどがあるので、デザインに自信がない人でも安心です。自作することによって、いつでも名刺を追加で印刷する事が出来ます。名刺の内容に変更があった時など、業者に頼んでいる時などは数百枚単位で頼む事が多いので何枚も名刺を無駄にしてしまいがちです。自分で印刷する場合は10枚など少ない枚数でも作成できるので、無駄を減らす事ができ、さらに費用節約につながります。裏面印刷も手軽に出来るので、追加で何か書き込みたい場合にもすぐに対応する事が可能です。