名刺作成をする際の注意点をまとめました

ビジネスとプライベートの如何に関わらず、近頃は通販で名刺を作成するという方が増えています。競争の激しいインターネットでは、激安価格で豊富なテンプレートが利用できるばかりではなく、中には即日納品という短期対応の業者もありますから、市場が徐々にこちら側へ拡大してゆくのも頷ける話です。しかし、いざ名刺作成でインターネット通販を利用しようと思っても、どのような点に注意すればいいかわからないという方もいらっしゃることでしょう。実際に商品を手に取ることができないという特性上、確かに注意すべき点はないとは言えません。ここでは、インターネット通販で名刺を作成する場合に注意する点について考えていきましょう。しっかりとポイントを押さえた上で、個性的な名刺を手に入れたいところです。

激安価格による経費節減を期待するならオプションに注意

まずインターネット注文で名刺作成を利用してみようと思う方のほとんどは、経費節減を視野に入れているのではないでしょうか。つまり、それほどインターネットには「激安印刷」の文字が躍っているということになります。事実、通販印刷の業界は激しい価格競争のさなかにあり、昔からは考えられないほどの激安価格で名刺を作ることも可能になりました。その上さらに個性的なデザインが自由に手に入るのですから、これほど嬉しいことはありません。ただ、オプションとして、例えば特殊な紙やインクを使用したり、デザイナーにオリジナルのデザインを依頼した場合は、ベースになっている激安価格にオプション料金が加算され、思わぬ高額になることもあります。個性を追求するあまりにオプションを利用しすぎて、経費節減の意味がなくなってしまわないように注意しましょう。

個性と可読性の兼ね合いを考えたデザインを

何よりも個性が尊重される近年、名刺印刷にも非常に個性的なオリジナルデザインが用いられるようになりました。通常は55ミリ×91ミリという四角い四辺に創造されるだけのデザイン名刺が、今では様々な形の紙や素材にプリントされるようになり、多様化の波はとどまるところを知りません。しかし、個性を追い求めるあまりに可読性を損なってしまい、まったく名刺の意味を成さなくなってしまっては本末転倒というものでしょう。それぞれの業種には仕事内容に適した服装があるように、名刺にもまた、適したデザインというものがあります。例えばご年配のお客様が多い業種に携わる方の名刺が小さな文字で読みづらいデザインだったり、信頼感を大切にしなければならない業種の名刺が妙に浮ついたデザインだったりすると、お客様に与える印象が良いものになるとは限りません。デザインを選ぶ際は、何が自らの業種に相応しいかをよく振り返り、個性とのバランスが取れたデザインを選択するよう心がけましょう。